とあるマニア雑誌にて来た人妻の依頼調教である。美来はどこか男を駆りたてるものがある。それは肌の艶と乳房の張りだ。いい、確かにそそられる。カリスマの正直な肉棒が喉の奥にぶち込まれる。いつになく満足げにしゃぶられるカリスマ。人の奴隷を自分の奴隷にする儀式。服従の証のフェラの後、早速激しい調教だ。お前の穴は前と言わず後ろと言わずケツの穴と言わず全てご主人様のものだ。雌犬の如く啼け!ハードな調教だ。高温蝋燭に叫ぶ雌犬。ヴァギナに吊された大鈴が厭らしく鳴り響く。叩け!!およそ、このような創造的な責めは経験がないのだろう。M性が数倍アップする。カリスマに自分の奴隷を依頼調教してみたい欲求が募る。まさに、M奴隷のプルサーマル計画だ!!芸術的な竹縛りそしてM字で徹底的に女陰を開発する。痛みと、快感、陰核の感度を最大限に引き出すテクニックに興奮します。尿道カテーテルによって自らの意思に反して大量の尿を排泄。そして野外で逆さ吊りだ。なかなかのスタイルの良さだ。綺麗な縛られ姿である。カリスマの安定したテクニックをじっくり鑑賞しながら過ごす一時に至福を感じる作品である。人妻、フェラ、バイブ、鞭、蝋燭、吊し、オシッコ、野外

READ MORE : 清水 美来 プライベート調教11 哀隷女

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です